【KUTEN。名前の由来】

【イチゴ】

【イチゴ】

FROM KUTEN。

【 生産者紹介 】KUTEN。×丸山いちご園 ┄ いちご ┄    小布施の桜もいよいよ満開を迎え、イチゴの美味しいシーズンを迎えようとしています 本日は、KUTEN。春のタルトのメインとなる『いちご』の生産者さんをご紹介します。   【 丸山いちご園 】 長野県中野町にてご夫婦でイチゴを育てている丸山さん。代々受け継がれてきた、3,000坪の畑でいちごとぶどうを育てていらっしゃいます。20歳の時から農業を初め今年で農家歴70年を迎えられた農家の大ベテラン。りんごやぶどうも育てていらっしゃいましたが、ここ20年間はいちご一本に絞られ日々美味しいイチゴを届けるために朝早くから夜遅くまでイチゴのお世話をされています。イチゴは、フルーツの中でも手のかかる作業が多く、病気になりやすかったり、温度に敏感であったり、1つ1つ手作業で花を手入れや収穫、選定など全て手作業で行っているそうです。温室栽培で気温を保っていますが、急な寒さや雨・風など急な天候の変化によってイチゴの成長スピードは毎日変化し、方時も目が離せないそうです。時間や労力はかかります。しかし、だからこそ毎日愛情をかけられて世話されたイチゴは美味しく育つのだと思います。丸山さんご夫妻の何歳になっても変わらずに進み続けるパワフルな人柄と、そのお二人の優しさに包まれて育ったイチゴをKUTENでは、クラファン限定のタルトに載せてお届け致します。 FROM KUTEN。

続きを読む

【りんご】

【りんご】

FROM KUTEN。

【 生産者紹介 】KUTEN。× 林檎園うえはら

りんご紅茶のタルトのメインになる『りんご』の生産者さんを紹介いたします!

 

続きを読む

【ブルーベリー】

【ブルーベリー】

FROM KUTEN。

現在販売している三層ブルーベリーチーズタルトに使用されている『ブルーベリー』の生産者さんをご紹介します。 ┄ブルーベリー ┄    長野県中野市で平成元年より農業を営む、小林義広さん。家族で農園ときのこ栽培を45年間続けられています。ブルーベリーの栽培は、15年前から始められ土壌改良をこだわりを持ってされています。土壌には一般的に使われる肥料ではなくキノコから出るおがくずを使用し、添加物を使用せず安全な食を作ることを目指されています。また、一般的な肥料を使わずキノコのおがくずを使用することで、ブルーベリーの味が全く違うそうです。化学肥料だと、酸っぱくとがった味になりおがくずだとまろやかで甘い味わいになるそうです。   そんなまろやかで優しい味わいのブルーベリーをKUTEN。では、 3層ブルーベリータルトに変身させました!! FROM KUTEN。  

続きを読む

【KUTEN。の由来】

【KUTEN。の由来】

FROM KUTEN。

 日本語の文章の区切りや 最後に使用される「句点」=KUTEN。 お客様の日々の節目に寄り添えますように。 そんな願いを込めて、ここ、小布施から北信濃の美味しいフルーツと食材をふんだんに使用したケーキを一つ一つ大切に皆さまにお届けします。  

続きを読む